スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2011年07月01日

ASH&DALIA

ご無沙汰しております。余りの暑さにバテバテでして、更新が全く出来ていなかった、ASH&DALIAのアッシュです。


皆さんも体調どうですか?


さて、今回は久々のヘルメットです。
私はヘッドセットも好きなのですが、ヘルメット関係も大好きです!


今回は、OpsCore社のバリスティックと、CRYE社のAirFrame™ Helmetの比較をして見たいと思います。


まずは、CRYE社のメットを!














どうみても、ガッチャマンヘルメットですね!
でも、このメット特長の頭頂部の隙間はなぜ有るのか?
実物を手にしてもズーット不思議でした・・・・・?

でも、本来は駄目なのですが、バイクに乗るときに使用してみました。そうするとこの隙間の必要性が分かりました。

このヘルメットの名前は、「AirFrame™ Helmet」ですよね!
つまり高高度からのジャンパーを意識して設計されている訳です。
その中で、ものすごい空気抵抗をヘルメットは受けるわけですが、この頭頂部の隙間が有るゆえに、空気がそこから
抜けることで、ヘルメットが空気抵抗によって引っ張られる事が無いように設計されているんです。

たぶんそうだと思います。
あくまでも、自分の実体験による感想ですので、事実とは違うかもしれませんが、それ程効率よく空気を逃がしてくれる
事は間違いありません。




このCRYE社のヘルメットは、OpsCore社のデザイナーと同じ人が設計しているので、非常に形状が似ているのも
うなずけます。













形はかなり酷似しています。でも、カラーは画像をみても分かるとおり、大分違います。
肉眼ではそれ程では無いんですが、写真にするとかなり違うのが分かります。




ちなみに、CRYE社のヘルメットには、控えめにCRYEのロゴが入っています。






ちなみに計測していないんですが、持ってみた主観では、CRYE社のヘルメットのほうが若干軽い?と思います。
殆どレプリカのMICHヘルメットと同等かそれ以上に軽く作られています。



それでは今回はこの辺で・・・・・!

  

Posted by JUPITER at 00:47ヘルメット

2010年10月30日

GGT-ASHBURY

今回は、ナイトビジョン装着時に使用するランヤードのご紹介です。


極少量ですが、入荷しております。


ミリタリーの画像でよく見るランヤードです。ナイトビジョンをヘルメットに装着した際にどうしてもカタカタと微妙に動いてしまう事が有ります。それをこのランヤードを装着しておけばゴムのテンションが掛かるので安定します。

それと、万が一ナイトビジョンが何かにぶつかり外れてしまった場合に、ランヤードを装着する事によって脱落する事を防ぐ事が出来ます。












現在3色在庫が有ります。

レッド・オレンジ・パープルの3色です。


当店販売価格:¥700-
発送は定形外か、レターパック300にて発送予定です。いづれも保障が付きませんので保障付きが良い方は、レターパック500にて発送可能です。

ご注文・お問い合わせは下記アドレスまでご連絡下さい。折り返しご連絡させていただきます。
ggt.ashbury@oasis.ocn.ne.jp

  

Posted by JUPITER at 21:08ヘルメット

2010年08月29日

GGT-ASHBURY

ひさびさにMICH2001を少しパーツ変更をして見ました。

今回はかなり強引に取り付けていますので、どうぞご容赦を!!




こちらが前回までの仕様のMICH2001となります。フロントのマウントはWilcox社を取り付けていました。それを・・・・・・・!!




こちらのマウントに変更しました。AVS-6を装着するためにバイザータイプのANVISに変更です。
このバイザーは本来この方法で取り付ける物では有りませんが、MSA社のACR-ARCレイルを付けている為金具を取り付けるスペースが確保出来なかった為、強引に取り付けています。




ITT社製・AVS-6です。両眼タイプは遠近感を損なう事がない為、車両・航空機の運転を行う事が可能となります。
現在はAVS-9が最新のタイプとなりますが、こちらは一世代前の型式となります。しかし現在も第一線で活躍しています。このAVSにはバッテリーを挿入する事が出来ない構造の為、外部ソースから電源を供給する必要が有ります。その為、バッテリーBOXがセットとなったANVISに装着することにより、使用可能となっています。








この部分にバッテリーを左右に挿入します。電源として使用するバッテリーは1本のみとなり、使用しているバッテリー残量が無くなった場合は、スイッチによりもう1本のバッテリーからの電源供給に変更する事が出来るようになっています。




こちらがそのスイッチとなります。バッテリー残量はANVISマウントの下部に赤色のLEDが有り、それが点滅する事により用意に確認する事が可能となっています。点滅しているのを確認したら直ぐにスイッチを切り替える事により電源を変更する事が可能です。




AVSは本体を上部に跳ね上げる事により電源が自動的にOFFとなります。再度本体を降ろすと電源がONとなります。





  

Posted by JUPITER at 18:59ヘルメット

2009年06月09日

オプスコア FAST Bump Helmet

以前にもご紹介した、FAST Bump Helmetです。

今回は、海外有名サイトから画像添付させていただいています。

こちらの写真ではマルチカムですが、その他にもTAN・マーパット・ブラック・フォレッジグリーンがあります。

材質は、防弾素材ではなく、カーボンで出来ていますので、防弾効果はありません。

その代わり、カーボン素材ですから、軽量が売りのようです。

写真にある、ヘルメット以外の物は付属していません。

ただ、フロントのナイトビジョンマウントと再度のレールは最初からマウントされての販売になっています。


こちらも、取り寄せ可能です。

価格は、¥88,000-になります。  

Posted by JUPITER at 13:14Comments(0)ヘルメット

2009年06月04日

今日はMICHヘルメットに関して!!

今日は天気が悪いですね!!

私は、仕事で怪我をしてその影響で、手の痺れ・頭痛に悩まされています。

普段でも、頭痛が発生しそのまま痛み止めの薬を飲まないと、激痛に変わり、めまい・吐き気が襲ってきます。
特に、天気が悪いと最悪ですね!!

では、話を元に戻して、今回はMICHの内装パッドに関して少し。

標準で付いているパッドは、いまいちしくっり来ませんね。

あまりクッションが宜しく無いので、長時間着用するとしんどくなってきます。

それで、内装パッドを交換すると、かなり改善されます。

代表的な2種類をアップします。


まずは、オレゴン・エアロ社のMICH・ACH用の交換パッドです。
数種類のパッドで構成されています。
そして、汗等で濡れても早く乾くようになっています。

つづいては、スカイデックス社のパッドです。
これも機能的には、上記のオレゴン社のパッドと同じような作りです。
こちらは、6パッドか8パッドを選択出来ます。

もし、気になる方がおられましたら、メッセージからご質問お待ちしております。  

Posted by JUPITER at 18:23Comments(1)ヘルメット

2009年05月08日

ノロトスのマウントはなぜ高い?

ノロトスのマウントの話をもう少し!!

恐らくヘルメットに取り付けるマウント部分のみであれば、4~5万位で輸入販売できるかな?と思っているんです。

もう少し安く出来るかもしれませんが・・・??

ただ、マウント一式になると少し高くなるんですね。

それは、ナイトビジョンを取り付けるアダプター部分にチタンが含まれているので、高くなってしまうんです・・・涙

それでも、オークションなどで時々出ている、ノロトスやウィルコックスのマウントの値段よりは、はるかに安くでは輸入できると
思うんですが!?

自分も早く付けたいと思う今日この頃です。  

Posted by JUPITER at 00:17Comments(0)ヘルメット

2009年05月08日

Norotos Universal Shroud

Norotos Universal Shroudここで書く必要もない、ノロトスのマウントです!!

やはり、MICHなど、メットを手に入れたらコレを付けたいですね。

なかなか、オークションでも流れてこないですね!!
見つけても、目玉が飛び出る高額で全く手が出せない・・・涙

でも、このノロトスのマウント一式も輸入できるんです・・・喜
といっても、これも自分は輸入してませんから、手元にはないんですが、近いうちに輸入しようかと考えてます!!

あとは、関税が幾らかかるのかが、早急に調べてみないと。

ノロトスは一部チタンが材質に使われているそうなので、その部分が税率が高い?のか高くない?のか・・・?

輸入先の資料には、TANカラーのノロトスが載っているので、恐らくTANバージョンが手に入れられるかな?と思っています!

そうすれば、あとからTANカラーに塗装する手間も省けますね・・・喜




  

Posted by JUPITER at 00:09Comments(0)ヘルメット

2009年05月07日

オプスコア FAST Bump Helmet

オプスコア社のFAST Bump Helmetです。いいですね!!

材質はカーボンで出来ているようですので、軽量ですが、銃弾はストップできません。

カラーは写真にある、マルチカム・タン・フォレッジグリーン・ブラック・マーパットの5種類あるようです。

このヘルメット、日本にも輸入出来るんですが、私もまだ輸入してません。
個人的に輸入してますから、自分のおこずかいと相談しながらなんです・・・涙
ただ、ヘルメット本体と送料は大体分かるんですが、何分自分でも輸入した事が無いので関税が幾ら掛かるのか?
今度、税関にTELして確認してみようと思ってます!!

輸入販売してます、とは記載してますが、仕事の空いた時間にやっているので、時間は掛かるんですが、それでもいいよと言っていただければ、がんばります!!

あと、この写真のTANカラーのヘルメットは、バリスティックになるので、日本への輸入は禁止商品です。
TANカラーの見本と言う意味で乗せてますので、あしからず!!

もちろんヘルメット以外の物も対象外です。  

Posted by JUPITER at 23:30Comments(0)ヘルメット